聴性脳幹反応検査( ABR )

音の刺激が耳の中(内耳)だけでなく、その先の聴神経や脳までうまく伝わっているかを調べる検査です。
めまいやふらつき(平衡障害)は三半規管(内耳)、小脳、脳幹などを中心に、神経系のいろいろな所の異常が原因でおきます。
この検査により、上記の部位にめまいの原因となりうる異常がないかを調べます。
  • ヘッドホンから出る音を聞き、音刺激によっておこる微弱な脳波を電極で検出します。
  • 痛みなどの全くない検査で、赤ちゃんの聴力検査にも使われる、安全な検査です。