神経伝導速度検査

 
神経伝導速度検査とは、手足を走る神経(末梢神経)が伝達する速度を測定する検査で、神経に電気刺激を与えて、伝わる速さや反応の大きさを計測します。
末梢神経が、手足のしびれや痛みの原因と疑われた場合、非常に有用です。これにより神経障害の部位や程度を検索します。
  • 検査は低周波のような弱い電気刺激を使用しますので、人によって感じる程度は違いますが、多少のピリ痛い感じを伴うことがありますが、体には害はありません。