肺機能検査装置(スパイロメーター)

 
マウスピースを口にくわえ、息を吸ったり吐いたりして、肺の容積(肺活量)や、空気を出し入れする換気機能(一秒量、一秒率)を調べる検査です。
  • 検査は数分で終了する簡単な検査です。
  • 息切れする、呼吸が苦しい、咳が出る、痰が出るなど、肺の病気が考えられる時に行ないます。
  • 気管支喘息の診断にも重要な検査です。治療効果の測定にも使われます。