循環器内科

循環器内科は主に血管や心臓の病気を診察します
循環器内科では、循環器の総合診断を行い薬物療法中心の治療を行います。
循環器疾患は喫煙・食事・運動・飲酒・肥満などの生活習慣との関連が深いため、薬物による治療だけでなく、生活習慣改善の指導がとても大事です。当院院長は日本循環器学会認定「循環器専門医」として診断・治療及び予防を行います。

開胸手術や動脈瘤(どうみゃくりゅう)・静脈瘤(じょうみゃくりゅう)手術の大きな手術は “ 循環器外科 ” にて行うことが一般的です。診察の結果、手術が必要となる場合には適切な医療機関を紹介します。

おもな症状
  • どうき、息切れ、頭痛、めまい、ふらつき、顔のほてり、むくみ

また、循環器の疾患は目立った症状が現れないことも多いため、以下のような方は定期的に検査を受けることをお勧めします。
  • 糖尿病
  • 高血圧・高脂血症・高尿酸血症
  • 肥満、飲酒、喫煙習慣
  • 血のつながった親族に高血圧や脳卒中の人が多い

おもな対象疾患
  • 虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)
  • 心臓弁膜症
  • 不整脈
  • 拡張型心筋症や肥大型心筋症
  • 感染性心内膜炎
  • 心筋炎
  • 心膜炎
  • 基礎疾患による心不全などの心臓疾患
  • 高血圧症
  • 大動脈瘤
  • 静脈血栓症
  • 心臓由来の動脈塞栓(脳塞栓症)
  • 肺梗塞など

これらを診断し治療や再発予防を行います。